So-net無料ブログ作成
検索選択

「反対あっても理解求める」=12日夕、徳之島町議と会談−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は12日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の移転先に想定している鹿児島県・徳之島の徳之島町議との会談について「反対という声があっても、何とか理解をいただけないかということをベースに、政府としては説明をする」と述べた。
 会談は同日夕、鹿児島市内で行われる。平野長官は、移転に反対する考えを鳩山由紀夫首相に伝えている島内3町長に関しても、「(沖縄の)負担軽減の一端を担っていただきたいという要請は首相からも私からもしている。その気持ちは持ち続けたい」と語った。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
<地震>新潟・下越地方で震度3=午後6時18分(毎日新聞)
町長に共産党員の脇氏 富山・朝日(産経新聞)
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
ペルーと来月EPA基本合意=鳩山政権で初、12例目(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。