So-net無料ブログ作成
検索選択

米有識者56%「中国が重要」=「日本」は36%、四半世紀ぶりに逆転―外務省調査(時事通信)

 外務省は1日、米国で実施した対日世論調査の結果を発表した。政財官界などの有識者に「アジアにおける最も重要なパートナー」を聞いたところ、中国との回答が前年比14ポイント増の56%でトップ。2番目が日本の36%で、前年より8ポイント減少した。この調査で、中国が日本を上回るのは1985年以来。外務省は「強まる米中の経済的な関係を反映した結果」と受け止めている。
 調査は、2月から3月にかけ、外務省が米ギャラップ社に委託し、18歳以上の一般国民1201人、各界202人の有識者を対象に電話で行われた。調査は60年以来、ほぼ毎年実施している。 

酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)
[DS] 『サカつくDS ワールドチャレンジ2010』のTV-CMが今日から公開
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
<減税日本>参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。